《器を育てる》という

タイトルの授業があります

まだ創るに至っていませんが

その準備段階で

講師のF先生がチャレンジしています

授業担当は

曽我了二先生

器になっていく様子を

見ているだけで

《器を育てる》

の本当の意味を

知ることのできる

深い講座だと

改めて感じています。

学生さんたちが作品を

創っていく授業の風景を

追って掲載したいと

思っています。

下の写真は昨年度の

学生さんたちの

作品です