5月

最初のソウルタイム

南悟先生

”傷みを共有するということ”

のタイトルで

「人は光の分、同じだけの陰を持っている」

という苦しさを誰しも乗り越えて

人生を歩んでいることを

ご自身の経験された

定時制高校の生徒さんたちとの

《学校だけに留まらない

様々な人間としてのかかわり》の

例を挙げながら

お話されました

”生きていれば

きっと幸せになれる”

それを信じて日々

努力を惜しまないで欲しいですね