11月30日

1年生は保育園実習が始まり
今週は2年生だけの授業
校内がやや静かです

月曜恒例の
”ソウルタイム”

今日は古林先生のご紹介で
元県立盲学校教師の
石川万澄先生に
ご登場いただきました

写真 1山口県岩国市で生まれ育ち

6歳までは片目が見えていましたが

小学校に上がるころから全盲に…

広島にある盲学校で

小学2年生から寄宿舎暮らしが

始まりました

「送ってくれた母は一緒に一泊して

翌日帰っていきました。

私は思い切り大きな声で

”おかあちゃん”

と何度も呼びました」

中学高校と進み、大学は東京へ。

東京教育大にて(*現 筑波大付属視覚特別支援学校)

鍼灸手技療法を学ばれ、また教育部門でも

すぐれた功績を残された石川さん。

卒業後は

兵庫県立盲学校(神戸市)に就職

兵庫県人になられました

「中学のころ先輩が奏でるトランペットの音に魅せられ

夢中でトランペットを学びました」

「その後伴奏もやりたくなり、すべて耳から

音をピアノで再現し、独学でピアノをマスターしました

音楽は自分の中になくてはならないものです

写真 3「ありとあらゆる練習方法を見出し

歌えることが重要と認識し

コールユーブンゲン(歌の基礎)も

マスターしました。

自分を表現できる手法としてのピアノは

それからの自分の人生に大きくかかわっています」

 

写真 2

聞かせて下さった石川さんのレパートリーは

本当に幅広く”クラシック” ”ジャズ” ”アニメ”

学生さんからのリクエストにも応じて

まるで鍵盤が見えているかのように

滑るような10本の指で

次から次へと演奏してくださいました

楽しいひと時。ほんわかな空気のなかで

厳しい環境を生き抜いてこられた石川さんの

《生きる姿》

を垣間見たソウルタイムでした