2年

生活と創造の授業

担当は大竹奈緒子先生

「他者とかかわる コミュニケーションすることを考察」

という内容で

前回「実際に保育実習で困ったこと

わからなかったことは何?」

という問いかけに

圧倒的に多かったのが

「赤ちゃんのオシメの交換タイミング・・・???」

ということで

今日はタイトル変更!

急きょ本物のオシメを利用して

「ぬるま湯で湿り具合

それが冷たくなったら

男の子用と女の子用の違い

前と後ろでの感覚の違いは?」

などなど

素朴な疑問を解消するために

先生が説明しながら

実験を繰り広げてくださいました

オムツの研究所のような

熱心な学生さんたち

きっと実習で役に立つでしょう

\(^o^)/

ほんのちょっとしたきっかけで

さまざまなことが解明できる

授業って貴重ですね!